www.umdjapan.org > Blog > 3.1 英語学校 > Maryland English Institute

Maryland English Institute

メリーランド大学内には、Maryland English Institute (MEI)という英語学校があります。日本語の説明も載っているので、このページを見ると一般的な情報は手に入ると思いますが、ここではMEIについて簡単に紹介します。

MEIの一番正式なプログラムはIntensive Programと呼ばれており、これはFall、Spring、Summerとsemesterごとに入学するfull-timeのコースです。例えば日本からMEIに語学留学する場合は学生ビザが必要ですからこのIntensive Programに入る必要があります。期間は夏が2ヶ月弱、秋と春は3ヶ月半で、他の学科と試験期間の分少しだけ短いという感じです。
生徒は純粋な語学留学生、USの大学や大学院入学をめざして受験準備中の人、すでに入学が決まっており事前準備として英語を習いたい人(これはsummerに多いです)などさまざまです。初日にテストがあり、その結果をもとにクラス分けが行われます。最終日にも同じテストを受けます。このテストはMEIPEと呼ばれるUM独自の英語試験で、プログラムの終わりのMEIPEで基準を超えるスコアを取れば、UMのundergrad course, grad courseに入学するのに十分な英語力があるという証明を出してもらえます。(ただし、MEIPEだけで他の学科に自動的に入学できるというわけではありません。)
授業の目的はUSで学生としてやっていくのに必要な英語力を教えるというもので、内容はreading, writing, listening & speakingが全て含まれます。また、fallとspring semesterには"speaking partner"という制度もあります。これはボランティアのアメリカ人学生がspeaking partnerとして一人一人に割り当てられて、授業外で会って会話する機会を設けるものです。気の合う相手かどうかにもよりますが、普通は週に1回程度会ってアメリカ人と生の会話の練習をするようです。

次に、すでにMarylandに住んでいて、正規の学生ではない身分でMEIに通いたい場合は、Intensive Programに混ざるか、part-timeのコースに参加することになります。まずIntensive Programに混ざる場合、上と同じようにMEIPEを受けて、クラスで授業を受けます。ただし学生ビザがなければfull-time studentになることはできないため、例えば文法の授業だけとか、speakingだけとか特定の分野を選んで参加することになります。出る授業が限られている以外はほぼ同じ扱いを受けることができるので、semesterを通じて勉強したい場合はよい選択です。一方、part-timeコースは短期間の全く別のコースで、誰でも参加できる一種の教養プログラムです。発音とかdiscussionとか、目的を絞った内容で授業は週に1〜2回です。

最後に、UMの学生に対する授業として提供されているコースもあります。これはすでに他の学科に所属している学生で、MEIPEやTOEFLで基準を満たすスコアを取っていないinternational studentsが受ける(強制的に受けさせられる?)もののようです。

02/16/2005 15:34 | トラックバック (0)

« Zagat Surveyについて | ブログトップ | Gah-Rham Restaurant (Korean) »