www.umdjapan.org > Blog > 4.7 その他 > 携帯電話

携帯電話

日本では持っていて当たり前になっている携帯電話は、渡米してすぐに手に入れたいものの一つだと思います。良く知られているようにアメリカの携帯電話の機能・性能は日本や他のアジア各国と比べて少なくとも数年遅れており、これを書いている2005年の時点ではショートメッセージ、eメール、カメラなどの搭載機種が販売されているもののまだ当たり前ではない、という状況です。
アメリカでは国土が広い上に、古くからトランシーバーが普及していて、家の中、山や観光地などで場所を問わずに近距離の通話に使うのが普通でした。日本のように狭い土地に人口が密集している方が携帯電話を普及させやすいのかもしれません。

日本と同様、アメリカでも大きく分けてプリペイド携帯と普通の携帯の2種類があります。それらの特色も日本と一緒で、プリペイドは簡単に持ててたまに使うのに便利な半面、通話料等は高いのでたくさん使う人には不利です。また、free minutes (通話料が月額料金に含まれている) などもありません。

一方、普通の携帯にも欠点があります。まず何よりも、渡米直後の留学生には最初に契約する自体がとても難しいです。携帯の契約はどこも非常に融通が効かず、USの運転免許証と Social Security Number なしでは契約させてもらえません。さらに、credit history が不十分だと契約時に数百ドルの deposit を要求されます。もし SSN を作ったばかりなら当然クレジットヒストリーは真っ白なので deposit が必要です。これはあくまで保証金なので一定期間後に返してもらえる (私の場合は $500 を支払い、1年後にカスタマーサービスに電話して無事返却してもらいました) のですが、一時的にせよ大金がいるのは好ましいとはいえません。また、この制限のために電器店 (BestBuy や CircuitCity など) で売っている安売り機種を気軽に買うのも最初は難しく、それぞれの携帯キャリアの直営販売店に行く必要があります。

さらに、普通の契約にはほぼ間違いなく1年や2年の最低契約期間が設けられています。詳細はキャリアによって違いますが、中途半端な時期に解約しようとすると多額の違約金を取られることになります。

また、パンフレット等に載っている金額と実際の請求額にはかなりの開きがあることも注意が必要です。Tax, fee などの名目でだいたいパンフレットの 2割増しの額を請求されると思っておくとよいでしょう。

こうして書いていくと、コスト的に最善の選択はもちろん携帯を持たないことだという結論になりますが、それでは困るという人もやはりいるでしょう。前置きが長くなりましたが、この地域で利用できる携帯電話のキャリアを挙げてみます(多分シェアの順です)。

Verizon Wireless 巨大電話会社Verizonの携帯部門です。
Cingular Wireless 最近 AT&T Wireless と合併しました。
Sprint PCS, Nextel 今年合併の予定です。
T-Mobile

メリーランド大学で周辺に絞って考えると、次のような情報が役に立つでしょうか。
・メトロで通学する予定ならば、Verizon は地下鉄内でも電波が届きます。
・大学の建物は、伝統にしたがって赤レンガ造りが基本です。この結果、建物内での電波状況は一般にあまりよくありません。アンテナ配置などの事情があるため何とも言えませんが、キャンパス内は Verizon より Cingular の方が届きやすいという噂もあります (ただしあくまで噂です)。
・契約の種類として、全米プランと地域限定プランがあることがあります。地域限定の方が月料金が安く、頻繁に旅行でもしない限り普段はこれで十分だと思います。(ただし地域プランの場合、地域外で通話するとローミング料金でかなり高くなります。) ウェブサイトなどで調べる際は地域プランの情報が見つかりづらいことがあるので注意しましょう。

各キャリアの直営販売店はあちこちにあるので、ウェブサイトで検索すると簡単に見つかると思います。大手ならショッピングモールの中にもあることが多いです。

アメリカの携帯電話の最大の短所は、自分がかける時だけでなく受ける時にも料金がかかることだと思います (これはプリペイドでもそうでなくても同じです。) ごく単純に言えばこれのために通話料が2倍かかることになります。初めてこれを知ったときは私はかなり驚きました。

07/29/2005 00:51 | コメント (4) | トラックバック (0)

« Fall 2005 Orientation | ブログトップ | Credit or Debit? »

コメント

今まさしく申し込んでる最中ですが,うまくいかなさそうです。Chevy Chaseでクレジットカード作るしかないかな…。クレジットカード作るのも携帯一つ契約するのも簡単にはいきませんね…。ふぅー。

投稿者 kohei from mixi : 07/30/2005 01:57

クレジットカードも作るのも大変ですね。今度クレジットカードについて書いてみようと思います。
あれを作るにはこれがいる、これを手に入れるにはこれがいる・・・という依存関係がループしていて、どこかで無理をしないとどうにも打開できないこともありました。最初の1〜2ヶ月が一番大変なので頑張って下さい。

投稿者 ngiyari : 07/31/2005 13:41

9月からChevy Chaseが学生用に申し込みやすいクレジットカードサービスを始めるらしいです。口座を開いたときにクレジット機能をつけようとしたんですけどそっちのほうを待つように進められました。

SSNは2001年に留学したときに発行してもらってたんですが,やっぱりアメリカで作ったカードじゃないとクレジットヒストリーには反映されませんよね…。あーめんどくさい!

投稿者 kohei : 07/31/2005 23:45

情報ありがとうございます。最初からすでに SSN を持っているだけでもうらやましいです。もしクレジットカードの申し込みに成功したらぜひ教えてください。
Chevy Chase Bank は銀行口座自体も学生向け (最低預金額が低い、利子も低い) のプランを持っていたと思います。最終的に Chevy Chase で統一する利点はないかもしれませんが、取っかかりとしていろいろうまく使うと便利ですね。

投稿者 ngiyari : 08/01/2005 13:52