www.umdjapan.org > Blog > 4.4 観光情報 > DC Chinatown

DC Chinatown

Washington DC の中心部、メトロの Gallery Place-Chinatown 駅のあたりにはチャイナタウンがあります。全米各地にある China town の中で DC のものはそれほど大規模ではなく、例えばニューヨークの Chinatown などと比べると規模ははるかに小さいです。主な見どころは駅の真上、 H Street NW と 7-th Street NW の交差点のところにあるアーチ (ここで写真を見ることができます)と、その周辺にあるレストランやいくつかのお店くらいだと思います。見かけだけでいえば横浜の中華街の方がそれらしいとさえいえるほどです。ここは本当にDCの中心に近く、例えばここから1ブロック南に進むとバスケットやホッケーで有名な MCI Center もあます。典型的なチャイナタウンというよりは、一つの大通りだけが違う雰囲気になっているという感じです。

Chinatownの公式サイトは見つけることができないのですが、DC Chinatown の概要は Wikipedia のここなどを読むとよいと思います。気軽に食事に行くなら一年中OKですが、観光目的で行くならば一年で一番盛り上がる Chinese New Year のイベントがおすすめです。
Chinese New Year は太陰暦で数えた新年で、普通のカレンダー上は毎年日付が変わります。ここに一覧表が載っているように、例えば2006年は1月29日が新年です。この日には多くの人が集まってパレードを見物したり、食事をしたりします。
中国のお正月には爆竹を鳴らすのが習慣だそうですが、私が見に行った年にはこの DC Chinatown でも爆竹を鳴らしていました。ただしやり方はアメリカ式で、クレーン車で爆竹の帯を高く吊るし、少しずつ地上に降ろしながら人々に踏ませるやり方で、決して一度に大量の爆発が起きないようにコントロールしていました。見たことはありませんが、きっと本場ではみんなが大混乱の中同時に爆竹を鳴らすものなのだと想像します。人々は本当はこのやり方では不満足なのではないでしょうか。それでも私には十分大音量でしたが・・・。

もう一つ知っておくと役に立つかもしれないことは、Chinatown bus の存在です。これは他の都市のチャイナタウン間を結ぶ格安の高速バスで、もちろん中国人以外も利用できます。例えば、NY や Philadelphia に行くなら、これがもっとも格安な方法の一つです。ここのチャイナタウンの停留所は 610 I Street NW や 513 H Street NW にあります。なお停留所はチャイナタウンだけには限らないので、必ずしもここに来なくても利用できるバスもあります。バス会社はたくさんあり、以下は一例です(上に挙げた Wikipedia のリンク先や、ここにもいろいろ載っています)。それぞれの評判はよく知りません。
Apex Bus
Todays Bus
New Century Travel

01/17/2006 02:37 | トラックバック (0)

« 乾燥対策 | ブログトップ | College Park 地理統計 »