www.umdjapan.org > Blog > 1.3 イベント > インフルエンザ予防注射

インフルエンザ予防注射

Flu shot, flu vaccination などと呼ばれるインフルエンザの予防注射はアメリカの冬の風物詩の一つともいえます。日本と比べて特にインフルエンザが流行しているようには感じられない (あくまで素人の感覚ですが) のですが、毎年予防注射を受けるのが当然と考えている人が多いようで、特に子供や高齢の人は必ず受ける習慣が定着しているようです。
毎年10月後半くらいになると、今年は (今年も) ワクチンが不足しているというニュースが流れ、スーパーマーケットに flu shot コーナーが設けられて混雑します。スーパーで予防注射というのも不思議ですが、確かに便利といえば便利かもしれません。

そんなわけで、大学の Health Center でもインフルエンザの予防注射を受けることができます。ここに日程等の情報がありますが、学生、教職員、一般の人で値段が異なります。 Health Center の 2 階に受付があり、予約も walk-in も可能なようです。

余談ですが、日本でインフルエンザのニュースといえば、「今年のウイルスは香港○型」のような情報を毎年のように聞いていた気がしますが、こちらのニュースではあまり見かけません。確かに、ワクチンの型名を聞いてもその意味を理解できるわけではなく、ある意味不要な情報です。これに限らず、専門用語がニュースに使われることは日本よりずっと少ないように感じます。ニュースの中の専門用語が流行語になったりする日本と、わかりにくいものが嫌われるアメリカの文化の違いの一つなのかもしれません。

12/11/2006 00:24 | トラックバック (0)

« Secure Wireless LAN | ブログトップ | 冬期期間中の parking lots 使用ルール緩和について »